お腹の皮下脂肪をとる薬・防風通聖散とは?飲むタイミングは?

お腹の皮下脂肪をとる薬 画像

ダイエットが成功しない・長いこと便秘している方から
支持されているのが、お腹の皮下脂肪をとる薬・
防風通聖散
です。

 

テレビCMなどで頻繁に紹介され目にする機会も
多いので、名前を聞いたことがある方は
多いのではないでしょうか?

 

では、お腹の皮下脂肪をとる薬である防風通聖散とは
何なのか?
基本的な特徴を説明していきます。

 

 

防風通聖散とは何?

防風通聖散錠 画像

 

肥満症・便秘解消に効き目を発揮する漢方です。
特にお腹まわりの気になる皮下脂肪減少効果が知られており、
他に肥満・高血圧で起きるのぼせや動悸・むくみ・肩こり・
尿量減少改善などへの効果もあるとされています。

 

中国の古い「宣明論」に書かれている漢方処方の主薬『防風』、
さらに聖人と言う意味の『通聖』から命名されました。

 

効果としては肥満改善・便秘解消が認められていますが、
飲むだけで痩せるのではなく、新陳代謝を促進することで、
脂肪・老廃物の対外への排出を促すので、服用と併用して食生活改善・
適度な運動を取り入れることで、さらに強力な効果が期待できます。

 

天然由来の生薬が18種類もたっぷり配合されており、それぞれが
組み合わさることで相乗効果がおき、肥満症や伴う諸症状が効果的に
改善されるそうです。

 

生薬で配合されているのは、ボウショウ・ボウフウ・オウゴン・
トウキ・セッコウ・レンギョウ・カンゾウ・ケイガイ・ビャクジュツ・
カッセキ・サンシシ・ショウキョウ・ショウキュウ・ダイオウ・
マオウ・キキョウ・センキュウ・ハッカです。

 

 

合っている人の特徴は?

 

東洋医学で判断される実証タイプの人に合っている薬とされています。

 

実証タイプは、体力があり壮健・血色がよく肌が赤みがある・
脂肪が多い・水分を体内にためやすく便秘気味・荒い呼吸・
積極的で活発な性格などの特徴があります。

 

なので、反対である虚証タイプの人(虚弱体質・体力がない・青白い
肌色・下痢になりやすい)には合っていないとされています。

 

 

おすすめの効果的な飲み方

防風通聖散錠 画像

 

基本的に漢方と言うのは空腹時に飲むのがおすすめされているので、
防風通聖散ももちろん例外ではありません。

 

しかし注意してほしいのは、胃に刺激を与える漢方が含まれていたり、
胃腸がもとから弱い方で飲んだ時に吐き気など異変を感じる場合は、
食後に飲んでも問題ありません。

 

ほとんどの防風通聖散エキス配合の商品は、食前・食間(食事の
2〜3時間後)のタイミングで飲むのを推奨されており、1日2〜3回
分けて飲むのが基本的な飲み方です。

 

専門の薬局・病院で漢方が処方されると、たまにエキスのままで
渡される場合がありますが、防風通聖散の市販商品の場合は、
ほぼ飲みやすい粉末・錠剤になっているので、噛まずに水・白湯と
一緒に飲みましょう。

 

便秘解消効果がほしくて飲む場合、1週間程度を目安に継続して
飲みましょう。他の効果がほしくて飲む場合は、1か月程度を
目安にしましょう。これらの目安期間が、効果が実感できるまでの
一般的な期間となっています。

 

もしも効果が実感できているのに長期間継続して飲み続けてしまうと、
逆に体調を崩し下痢になる可能性がありますので注意しましょう。

 

関連ページ

お腹の皮下脂肪をとる薬・防風通聖散の効果とは?
お腹の皮下脂肪をとる薬には、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?ダイエット効果についてはもちろん、その他のうれしい効果についてもご紹介します。
お腹の皮下脂肪をとる薬の配合成分にはどんなものがある?
お腹の皮下脂肪をとる薬には生薬が18種類配合されており、それぞれが持っているパワーが合わさって美容に健康に効果を発揮します。ここでは、そんな生薬をご紹介します。
お腹の皮下脂肪をとる薬に副作用の危険性や服用時の注意点は?
お腹の皮下脂肪をとる薬には高い効果が期待できますが、それだけに正しく飲む必要があります。ここでは、服用時の注意点や副作用についてご紹介します。