お腹の皮下脂肪をとる薬に副作用の危険性や服用時の注意点は?

防風通聖散

漢方薬でありお腹の皮下脂肪をとる薬でもある
防風通聖散の、副作用の危険性や服用時の注意点に
ついてわかりやすく解説ます。

 

医薬品指定なので用法用量がきちんと決められており、
副作用の危険性もあるので、事前に説明書きを
しっかりと読み服用しましょう。

 

 

漢方の自分に合った選び方は?

 

漢方とは、古来から東洋医学で使用されてきた薬で、効果効能が
きちんと認められています。
東洋医学の医薬品との選び方の違いは、深く個人の体質が関係することです。

 

漢方で見る体質とは、実証・虚証という2つのタイプにわけています。
実証の方は、しっかりした体格・体力が充実・赤みがある顔色で
エネルギッシュな体質。
一方で虚証の方は、虚弱気味・顔色が青白い・低血圧・下痢しやすい体質。

 

その2つのタイプの内、防風通聖散は実証タイプの方にピッタリ
漢方薬と考えられています。

 

漢方薬を服用したことがない・どちらのタイプが自分の体質が
わからない・実証タイプだと思っていたのに防風通聖散が合わなかった方は、
きちんと医師に相談してから、処方を受けるようにしましょう。

 

 

副作用の危険性は?

 

副作用かもしれない症状

副作用として可能性がある症状には、

 

皮膚・・・かゆみ・発疹・発赤
消化器・・・胸焼け・吐き気・下痢・胃部不快感・むかつき
その他・・・むくみ・発汗・頻脈・動悸・尿が出ずらい

 

などがあげられます。
これらの症状を感じた場合は、すぐに服用中止しましょう。
それでも症状がおさまらない場合、すぐ医師に相談しましょう。

 

副作用で現れる重篤な症状

まれに重篤な症状を引き起こす可能性があります。
その症状は、

 

肝機能障害・・・だるさ・体の倦怠感・食欲不振・吐き気・発疹・発熱・
黄疸・かゆみなど

 

間質性肺炎・・・発熱・空咳・動悸・息切れ・息苦しくなる

 

偽アルドステロン症・・・手足のしびれ・だるさ・こわばり・
突っ張り感・筋肉痛・脱力感・震え

 

 

服用時の注意点は?

 

他の医薬品と併用

強力な便秘解消効果を持つ医薬品なので、もしも下剤・瀉下薬と
併用してしまうと酷い腹痛・下痢の可能性があります。

 

その他の医薬品については、事前に医師・薬剤師・登録販売者に
きちんと相談しましょう。

 

服用前に医師に相談するべき方

体質的に不安のある方・以下の特徴に当てはまる方は、
服用前に医師・薬剤師・登録販売者にきちんと相談しましょう。

 

1.医療機関へ通院し治療を受けている
2.妊娠の可能性がある・妊娠中
3.胃腸が弱っている・下痢しやすい
4.体力がない・虚弱体質
5.強い発汗傾向がある
6.体力が不安・高齢
7.医薬品で副作用が起きた経験がある
8.排尿困難の症状・むくみがある
9.心臓病・高血圧・甲状腺機能障害・腎臓病の診断をされた

 

妊娠中や授乳中の方の服用

妊娠中の方の場合は、お腹の中の胎児へ悪影響などは確認されておらず、
服用禁止はされていません。
しかし、デリケートな時期である妊娠初期などは注意が必要なので、
事前に医師に相談しましょう。

 

授乳中の方の場合は、母乳から乳児へ有効成分が移動して
下痢になってしまう可能性があるので、授乳中の服用は止めましょう。
また、服用するのなら授乳を控えましょう。

 

長期的な連用は?

服用を1ヶ月以上続けても効果が実感できない場合は、その旨を
医師に相談しましょう。(便秘改善への効果に関しては、大体1週間を
目安にしてください)

 

効果が実感できている場合でも、長期的に服用するなら医師・
薬剤師に相談しましょう。

 

関連ページ

お腹の皮下脂肪をとる薬・防風通聖散とは?飲むタイミングは?
ダイエットの救世主、お腹の皮下脂肪をとる薬・防風通聖散とはどのような薬なのでしょうか?防風通聖散が合っている体質の方、おすすめの飲み方もご紹介します。
お腹の皮下脂肪をとる薬・防風通聖散の効果とは?
お腹の皮下脂肪をとる薬には、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?ダイエット効果についてはもちろん、その他のうれしい効果についてもご紹介します。
お腹の皮下脂肪をとる薬の配合成分にはどんなものがある?
お腹の皮下脂肪をとる薬には生薬が18種類配合されており、それぞれが持っているパワーが合わさって美容に健康に効果を発揮します。ここでは、そんな生薬をご紹介します。